囚人へのペル・エム・フル(旧作)ネタバレ本

  • 2023年7月26日
  • 2023年7月26日
  • IMAGE
  • 1618view

2010年にコミケ頒布用に作成した囚ペルのネタバレ本を公開します。カメラスキャンアプリで撮影したものなので歪みやブレがあります。

パッケージはクフ王。これのドット打ちは楽しかった..。

D2winは素晴らしいエミュレーターでした。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~bearcat/d2win/

歩人は際立った個性は無く、鈍感なのになぜかモテる、PC98時代のアダルトゲームの主人公タイプ。

脱出時、寧の戦闘で初めてスプラッター展開になるためインパクトがあり好評でした。
特に水穂氏制作のBGM「狂わせるもの」が秀逸。

かまってほしくてくだらない嘘をつく設定は制作者自身がそうだったから。

ドット打ちに一番力を入れたのは満との戦闘シーン。
攻撃時、エアジョーダン12で彼の顔を踏みつけるのがこだわりです。

好きを仕事にしている大人に憧れて作った2人です。

B級ホラー映画アナコンダのジョン・ボイトが教授のモデルです。
野心のために旅行客を巻き込む設定も同じ。

脱出時はドリフ大爆笑のように化け物総動員の大騒ぎにしたかったのですが、ゲームバランスとコンテスト締め切りの都合で諦めました。
>HISTORY

HISTORY

1998年 デジタルファミ通 プラチナ賞受賞
1999年 アスキーエンターティメントコンテスト ツクール作品賞受賞
2012年 公式ツイッターアカウント開設
2020年 公式サイト開設